バストアップと栄養

メリハリの効いたおっぱいになるにはバストアップケアが必須。バストアップケアのほとんどはコツコツ続けることが大事で最終的にサイズアップと垂れない胸を作るにはバストアップの正しい知識や情報を手に入れるのが最優先事項です!

メリハリの効いたおっぱいになるにはバストアップケアが必須。バストアップケアのほとんどはコツコツ続けることが大事で最終的にサイズアップと垂れない胸を作るにはバストアップの正しい知識や情報を手に入れるのが最優先事項です!

更新日:2017/07/24

いくらバストアップのためと言えども、偏食

いくらバストアップのためと言えども、偏食することはよいことではありませんから、鶏肉や大豆しか食べない食事の仕方ではなく、野菜を極力取り入れるように念頭におきましょう。かえって、野菜だけを食べてもバストは大きくならないので、タンパク質がたくさん入った肉も適度に摂取することが大切です。バストアップに有効な食品と聞くと、大豆製品や鶏肉、キャベツを連想する人が多いと思いますが、これらを一生懸命、食べたからといって、必ずしも胸が大きくなる保証はありません。

極端な栄養摂取をしてしまうと、むしろ胸を大きくするどころか効果が表れにくくなってしまうので、偏った食事にならないように注意しましょう。それ以外にも、胸へ栄養を運搬してもらうため、血の巡りを良くすることも成長には欠かせません。胸が小さいことで嘆いているなら、筋肉を鍛えることも有効な手段です。

というのも筋トレにはバストを支えるための筋肉を作る効果があり、バストアップにも繋がりやすくなります。

ただし筋トレだけを続けたとしても完全に胸が大きくなるとは言えないので、他の方法での取り組みも大切だと理解してください。疲れを翌日に残さない睡眠や、血行不良の解消も心掛けてください。胸を大きくするには毎日の習慣が影響します。

バストが小ぶりな人は知らないうちに、胸が成長するのを妨げてしまうような生活習慣が体に染み付いているのです。

胸を成長させるには、生活習慣の改善が大切です。

いくらバストを成長させようと頑張っても、生活習慣が妨げて効果が期待できないこともよくあります。

お湯に浸かって体を温めて、血の巡りがよくなったところで、育乳効果のあるマッサージをすれば、さらに効果が期待できるでしょう。

それだけでなく、お風呂に浸かって体を温めれば、質の良い睡眠にも繋がり、バストアップに欠かせない成長ホルモンの分泌量が多くなります。バストアップを狙うのであれば必ず湯船に浸かるようにしてください。

イソフラボンに起因する副作用についてお話します。イソフラボンは胸を大きくすることなどに効くといわれているので、高い評価を得ています。

でも、あまりにもたくさん摂取しすぎると血中ホルモンの値が高くなるという副作用を生じます。1日に摂取する目安は50mgとされています。

豆乳には女性ホルモンの種類の一つエストロゲンとよく似ている働き方をする成分・イソフラボンが配合されています。

イソフラボンをとるとエストロゲンの分泌を活発にするため、バストを大きくする効果が望めます。豆乳には、そのほかにも良質なタンパク質が保有されているというのもバストアップに効くといわれている理由です。

色々なバストアップの方法がありますが、在宅で出来る方法となると、すぐには効果が出ません。一日づつ地道な努力を続行することが重要です。

もっといえば、バストアップグッズの有効利用により、人より早く、胸を大きく出来る可能性もあります。

毎日、7時間くらい睡眠をとることも良いとされています。

バストを大きくする方法は多々ありますが、簡単で確実な方法であるほど、費用がかかりますし、リスクが高いです。

例えば、バストアップするための手術を受ければ、すぐに憧れのバストに近づくことが出来ますが、副作用、後遺症に悩まされたり、気づかれてしまう恐れもあるでしょう。根気を持つことが重要ですが、出来るだけ地道なやり方で少しずつ育乳していくのが良いと思います。バストアップのために努力して、バストサイズが大きくなってきたら即座にブラを買い換えることが必要です。

もっとも、ブラの寿命は90回から100回着けるくらいと意外と短いので、サイズに変わりがなかったとしても一定期間で買い換えるようにしましょう。

サイズが合わないブラや型崩れしてしまったブラはバストアップの邪魔になります。

小さな胸にコンプレックスを抱いていても、今更サイズアップは無理だと思っている女性もたくさんいることでしょう。実はバストの大きさは親からの遺伝よりむしろ生活習慣が及ぼす影響が大きいということです。

もし整形なんて考えているなら早まらないで、普段の生活を見直してみましょう。

気づかないうちにバストアップを妨げる生活習慣をしていて、小さな胸のままなのかもしれません。

エレキバンでバストをアップさせることができるという噂が聞かれます。効きめには個人の差があるそうで、バストがアップした人もいれば、感じられなかった人もいます。

それでも、手軽に手に入れることができるものなので、試用するのもいいかもしれません。

「だん中」、「天渓」といわれるツボにエレキバンを貼り付けてみてください。ざくろを食べると胸が大きくなるといわれていますが、真実のほどはいかほどでしょうか?ざくろが持っている栄養成分が胸を大きくすることにじかに効き目を発揮するわけではありませんが、女性特有のホルモンの一種である「エストロゲン」を含むことがわかっています。

エストロゲンは女性の体を形づくる女性ホルモンですから、当然、バストサイズの大小にもかかわりがあります。バストアップのためになる生活習慣で最も大事なことは睡眠時間をたっぷり確保することです。睡眠時間が足りないとバストが大きくなりませんので、1日に7時間程度は睡眠を取るようにしてください。ベッドに入る寸前までスマホやパソコン、TVなどを見ないよう心がけて、より質の良い睡眠を得るのも大切なことです。

お金を使ってエステなどに投資しなくても、自分の家でバストアップの実現のために頑張れることはたくさんの手段があります。

まずは、睡眠について考えて見直すことです。

寝不足は一番駄目ですし、睡眠の質、そのものが良くないのもいけません。

成長ホルモンの分泌が胸の成長を行わせるには必要不可欠ですので、まず22時から2時のいわゆるシンデレラタイムにはちゃんと眠っているということを目標にして日々を送るように心がけてください。

多くのバストアップの方法がございますが、ちょっとずつ地道に続ける方法がお金を節約でき、悪影響が体に出てしまうこともないでしょう。

でも、すぐにでもバストアップを望むのなら、ひとつの選択としてプチ整形があります。

お金はかかってしまいますが、確実に胸を大きくすることができるでしょう。または、バストアップサプリを使うのもよいでしょう。

この間、肩甲骨の歪みを改善するためのエクササイズを1年くらい続けることにより、胸が3カップ大きくなった人がいます。

胸を大きくすることに悩んでいる人は試してみることをオススメします。

エクササイズやストレッチをするときには、負荷をかけすぎないことが重要です。

特にストレッチは負荷をかけすぎるとかえって悪影響となる場合もあります。バストアップしたい時、ただ単に鶏肉をとればいいという訳ではなく、食べた方がいい部分というのが存在します。

鶏肉の中で特にタンパク質をたくさん含んでいるのはササミなのです。ササミは多くタンパク質を保有していながら、低脂肪なのが特徴です。


ページの先頭へ